日ロ首脳会談、12月15日に山口県長門市で

平和条約の締結に向けて前進か

9月2日、安倍晋三首相(左)はロシアのウラジオストクを訪れ、プーチン・ロシア大統領(右)と日ロ首脳会談を行った。写真は2日、ウラジオストクで撮影(2016年 ロイター/Sputnik/Kremlin/Alexei Druzhinin/via REUTERS)

[ 2日 ウラジオストク ロイター] - 安倍晋三首相は2日夕、ロシアのウラジオストクを訪れ、プーチン・ロシア大統領と日ロ首脳会談を行った。会談終了後、安倍首相は記者団に対し、12月15日に山口県長門市で日ロ首脳会談を開催することで合意したことを明らかにした。

また、安倍首相は11月にペルーで開催されるアジア太平洋経済経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ、日ロ首脳会談を行うことも約束したと述べた。

そのうえで安倍首相は「平和条約の締結について、2人(首脳同士)だけでかなり突っ込んだ議論を行うことができた」と表明。「新しいアプローチの下での交渉を今後、具体的に進めて行く道筋が見えてきた」と語った。

さらに「手応えを強く感じることができる会談だった」と述べた。

 

(竹中清 編集:田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。