米国の名門大学が「奴隷子孫」の入学を優遇へ 

過去の人身売買認め謝罪

9月1日、米首都ワシントンのジョージタウン大学は、19世紀に大学の財政難を解消するために運営母体のカトリック・イエズス会が、所有していた黒人奴隷を売却するなどして奴隷制に関与していたことを認め、謝罪した。写真は大学キャンパスを歩く学生(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米首都ワシントンのジョージタウン大学は1日、19世紀に大学の財政難を解消するために運営母体のカトリック・イエズス会が、所有していた黒人奴隷を売却するなどして奴隷制に関与していたことを認め、謝罪した。

当時の奴隷272人の子孫に当たる学生に対して、入学しやすくする優遇措置を取ると発表。奴隷制の歴史を学ぶ機関も創設する。

さらに、1838年の奴隷売却を監督した学長の名前がつけられた2つの建物の名前を変更する。

ハーバード大学やプリンストン大学など、過去に奴隷制に関与していたことを認めた大学はほかにもあるが、子孫への優遇措置にまで踏み込んだのはジョージタウン大学が初めて。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT