米国の名門大学が「奴隷子孫」の入学を優遇へ 

過去の人身売買認め謝罪

9月1日、米首都ワシントンのジョージタウン大学は、19世紀に大学の財政難を解消するために運営母体のカトリック・イエズス会が、所有していた黒人奴隷を売却するなどして奴隷制に関与していたことを認め、謝罪した。写真は大学キャンパスを歩く学生(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米首都ワシントンのジョージタウン大学は1日、19世紀に大学の財政難を解消するために運営母体のカトリック・イエズス会が、所有していた黒人奴隷を売却するなどして奴隷制に関与していたことを認め、謝罪した。

当時の奴隷272人の子孫に当たる学生に対して、入学しやすくする優遇措置を取ると発表。奴隷制の歴史を学ぶ機関も創設する。

さらに、1838年の奴隷売却を監督した学長の名前がつけられた2つの建物の名前を変更する。

ハーバード大学やプリンストン大学など、過去に奴隷制に関与していたことを認めた大学はほかにもあるが、子孫への優遇措置にまで踏み込んだのはジョージタウン大学が初めて。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT