スマホゲーム業界を救う「再生工場」とは?

マザーズ上場マイネットはゲーム買収で稼ぐ

グリーから「戦乱のサムライキングダム」を買収。今後も大手からのゲーム買収は増えそうだ

「スマホゲーム市場はまだ伸びてはいるが、競争激化で寡占が進んでいる。その中で撤退する事業者の問題解決をしていく」

昨年末に東証マザーズに上場したゲーム運営会社のマイネット。上原仁社長は、今年2月に開いた初めての決算説明会でこう力を込めた。

マイネットはただのゲーム運営会社ではない。上原社長が語る「問題解決」とは、期待ほどのヒットにならなかったり、収益性が低下した他社のゲームをマイネットが買い取るか、共同運営してサービスを継続することだ。ゲームの再活性化に成功し課金が増えれば、収益につながる。言ってみれば、他社が扱いに困っているゲームを引き取り、新たな鉱脈へと再生させる、スマホゲーム業界の「再生工場」なのだ。

成熟化が進むスマホゲーム業界

ゲームを売却する企業にとっても、大きなメリットがある。まだ遊ぶユーザーが一定数いるゲームのサービス終了を回避すると同時に、運用していた人材をほかの事業や新作ゲームに振り向けられるからだ。マイネットはこれまで、グミの「ドラゴンジェネシス」やグリーの「ドリランド 魔王軍vs勇者!」などを買収している。

マイネットの事業が成り立つのは、スマホゲーム業界の厳しい環境があるからだ。スマホゲームではガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」とミクシィの「モンスターストライク」が長く2強と呼ばれてきた。

両タイトル以外でも、スマホゲーム配信のプラットフォームである、米アップルの「アップストア」と米グーグルの「グーグルプレイ」の売上ランキングでは上位ゲームの顔ぶれが固定化。米ナイアンティックなどが手掛ける「ポケモンGO」のような例外もあるが、全体としては新作ゲームのヒット率は落ち込んでいるのだ。

次ページとにかく厳しいスマホゲーム業界
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT