ユニクロを”投資家目線”で分析してみた

株価上昇はいつまで続く?

社会にとって良い企業であり続ける

そして続いて出てくるのが、“社会にとって良い企業であり続ける”というメッセージと共にアフリカの子供たちの笑顔だ。これはさすがに白々しい。予算のいくらがこの手の社会事業に使われているのか知らないが、ブランドイメージを高めるためにアフリカの子供などに寄付するのは多くの企業がやっていることで、かつ受益者もいるのだ。文句までは言わないが、それにしてもコテコテの、昔の24時間テレビを彷彿とさせる雰囲気である。

余談になるが、私は昔の24時間テレビのほうが、今の下り坂の芸能人を無理やり時間どおりに走らせ、みんなで“負けないで“を大合唱する今の24時間テレビよりよっぽどマシだと思っている。少なくとも世界の貧困問題に瞬間風速ながらも関心を呼び起こさせるいい機会だったが、今や“家族の絆”とか“友情”とか半径3メートルのこぢんまりとしたことばかりを偽善特集して、最後は感動を強要するマラソンで締めくくるのはむずがゆい。

制作予算を削るために、芸能人一人を走らせて視聴率を稼げるのだから、投資対効果的にはおいしいコンテンツなのかもしれないが、愛で地球を救いたいなら大田区を走ってるお笑い芸人ではなく、シリアなどで本当に助けを必要としている人にカメラを向けてほしいものである。

太っちょコラムニストよ、今回も何を脱線しまくっているのだ、というお叱りの声が聞こえてきそうである。そこで本来の趣旨に戻り、ユニクロのアニュアルレポートを読み進める旅路に皆様と一緒に戻ろう。アニュアルレポートの本編で財務の数字が出てくる前に、海外店舗のフラッグシップ店舗の写真がどーんと出てきて、“日本発の新しいグローバル企業になる”と続く。

要するに、「良い服で世界を変え、社員を育ててグローバルに働く機会を提供し、社会問題解決に貢献し、グローバル企業を目指す」とわかりやすく要約されている。うーん、本当にわかりやすく、悪くない。むしろコーポレートアイデンティティのお手本としてマネジメントの教科書に登場させたいくらいだ。2点目の「人を育てる」と3点目の「社会問題解決に貢献し」は取ってつけたような大変白々しい印象があるが、良い服で世界を変え、グローバル企業を目指す、の2点に関しては立派に実現されている。

さて、次回コラムでは続いて、ユニクロの財務情報をめぐる旅行に旅立ちたい。いつまで引っ張るんだよ、とのお叱りの声を受けそうである。しかし、親愛なる読者の皆様が“いいね!”を押してくださるかぎり、私は24時間テレビのマラソンランナー並みに、ユニクロネタでひたすら走り続けることだろう。

(次回コラムは、今回のユニクロ特集もある程度の人気があったときのみ、続編が投稿されます)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。