服装でバレる「デキない人」の恥ずべき3欠点 スーツ、靴、シャツ…あなたは大丈夫?

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

服装によってバレる3つめの要素は、その人が「物事の機微がわかる人かどうか」ということだ。

一流の人は「お客さんに合わせた服装」をする

【3】「物事の機微がわかる人か」も出る

私が出会った一流のビジネスリーダーの中には、年収5億円、個人資産30億円クラスのエリートも少なからずいた。

彼らは大金持ちにもかかわらず、結構安そうな時計をはめ、つつましやかなダークブルーのスーツを身にまとってミーティングに出てくることがよくあった。逆に、たいしたことのない二流の人に限って、300万円くらいしそうなギラギラのロレックスをはめていたものだ。

なぜエリートの中でも優秀な人に限って、1000円の腕時計をはめるのか。

それは、お客さんの投資家に会うときに、「そんなにいい生活はしていません、無駄遣いはしていません」という堅実なイメージを送るためである。

保守的で控えめな日本の銀行員と会うときには、それまで着ていたギーブスアンドホークスのジャケットから、わざわざAOKIのスーツに着替える人さえいた。

これは日ごろベンツのSL600に乗っている政治家が、選挙の前と後援会回りのときにだけ、自転車や中古のホンダのシビックに乗り換えるのと同じ理由といえる。

そういう「物事の機微」がわからない二流の人に限って、ピカピカのシルバースーツにギラギラの時計、華美なサスペンダーで着飾り、スイートルームのような社長室を構えては悦に入っているが、日本の保守的なビジネス相手からは内心呆れ返られており、それだけで信頼を失っているのだ。

大成功するにつれて質素な服装を好むのは、アップルのスティーブ・ジョブズがその筆頭だろう。それは「着るもので悩む時間がもったいないから」という説もあるが、「ブランドに頼らなくても自分自身がブランドだ」という強烈な自己顕示欲と自信の裏返しでもあるのだろう。その点でも、他人がつくったブランドの力にいつまでも依存する二流の人とは大違いである。

次ページでは「一流の服装」3つの秘訣は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT