「連続増益企業ランキング」トップ200

四季報最新号で見つけた、伸びる会社はここ

新興の急成長企業ずらり

続いて、時価総額のハードルを大きく下げて、好財務、高収益の3期連続営業増益企業を見てみよう。前期、今期、来期ともに増益となる成長企業であり、昨年上場の新興企業も数多く入った。

来期営業増益率で見る場合、規模がなければ1期前の数字の小さいほうが率は当然高まる。1位となったインフォマートも今13年12月期予想が10億円、償却費用の減る来14年12月予想が18億円に膨らみ、8億円の増益ながら80%増となる計算だ。来期に今期比で11億円の増益幅を見込む味の素が増益率1.5%にとどまり、5期連続増益ながらランク外となったのとは対照的だ。

2位は昨年12月に東証マザーズに上場したばかりの地盤ネットが入った。地盤解析が伸びている。11年3月期の営業益が1億円に満たない急成長企業だ。

3位も上場したばかりのコロプラ。モバイルに特化した位置情報ゲームを展開する急成長企業だ。スマホゲームが累計ダウンロード数2000万を突破するなど絶好調だ。

ほかにも昨年上場の新興企業が数多く入った。エニグモ、ワイヤレスゲート、モブキャストなどネット関連銘柄が強く、時価総額100億円超えを実現している。

時価総額1兆円超えの大企業で目立ったのが、ダイキン工業。買収した米空調機器大手のグッドマン社の収益が加算され、利益も膨らみそうだ。

次ページ信越化学とアステラス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT