「連続増益企業ランキング」トップ200 四季報最新号で見つけた、伸びる会社はここ

✎ 1〜 ✎ 35 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 最新
拡大
縮小

小さくても高収益企業

収益性を見る指標であるROEがずば抜けて高い銘柄も多い。地盤ネットやエイチーム、リブセンス、モブキャストなどがROE50%超えと高いが、CRO(臨床試験受託)のリニカルと米国系IT大手の日本オラクルもROE40%を超えている。

時価総額の大きいところでは、来期増益率で154位のヤフーとともに178位のセブン&アイも注目される。

出遅れ修正でPBR1倍割れ企業を中心に見直されてきた国内の株式市場。今後は、来期業績を本格的に織り込みにいく局面となる。3月決算企業の場合、4~5月の決算時に、いったん会社見通しベースで株価に織り込まれてしまう可能性もある。マーケットの主役になりそうな企業を早めに探しておきたい。

(撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT