「連続増益企業ランキング」トップ200

四季報最新号で見つけた、伸びる会社はここ

ほかに来期営業利益の大きいところを拾えば、ブリヂストンが14年12月期に4000億円超えの予想。次いで、大塚ホールディングスが2000億円超えの予想となる。また、収益性の高いところをみれば、今期ROE(自己資本利益率)では大東建託とサンリオが30%超えと高水準。次いでヤフーの20%台、ブリヂストン、住友ゴム工業、ユニチャーム、ネクソンあたりも高かった。

株価の割安度をみるPER(株価収益率=株価÷1株当たり純利益)でみれば、3月5日時点の株価で算出した来期PERが低い(=株価の面で割安)企業としては、KDDI、ブリヂストン、住友ゴム工業が10倍を割っており、割安感がある。

来期増益率が足りず、ランク外となったが、ローソンやニトリ、ダイハツ工業なども高いROEを維持。5期連続増益が見込まれる優良企業といえそうだ。

次ページ急成長企業がずらり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT