メガバンク全行、ついに税金を払う

失われた20年越え、「普通の会社」に

失われた20年を越え、ようやく普通に納税する会社に

実はこれらの銀行は、税務上の欠損金があるために、わずかな法人税しか納めていなかった。みずほが最後に通常の納税をしたのは、旧行時代の01年度。三井住友銀行も01年度の統合以降、一度も通常の納税を行っていない。

足下の業績が好調なのに納税に至らなかったのは、1990年代後半からの不良債権処理があまりに巨額だったためだ。

これらの銀行は繰延税金資産の計上とともに、今春にも本格的に納税を開始する。「失われた20年」を超えて、メガバンクがようやく“普通の会社”になったことを表わす。

もっとも、その間、3メガバンクは貸出残高を大幅に減らしている。銀行内に資金が滞留し、企業に回らない。金融緩和がさらに進む中で、メガバンクはリスクマネーの出し手として本来の姿を取り戻さなければならない。

好業績に浮かれている暇はない。普通の会社になったメガバンクは、その存在意義がより問われることになる。

(撮影:吉野純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT