メガバンク全行、ついに税金を払う

失われた20年越え、「普通の会社」に

株式市場は今年に入ってからもリーマンショック以来の高値を更新しており、各行における3月末の株式減損は、さらに縮小する可能性もある。

「繰延税金資産」計上で利益が一段と膨らむ

もう1つ、メガバンクにとって今期の利益増加につながる要素がある。それが「繰延税金資産」の計上だ。繰延税金資産とは、税効果会計の適用によって計上される資産であり、これを計上することで、最終利益も増加する。

メガバンク傘下には今期、これまでより多くの繰延税金資産の計上を認められる銀行がある。みずほFG傘下の3行と、三井住友FG傘下の三井住友銀行だ。

理由は税法上の欠損金が解消される見込みであること。繰延税金資産の計上には課税所得の黒字が前提になるが、これらの銀行は欠損金が残っていたため、一部の計上しか認められていなかった。なお、三菱UFJFG傘下の三菱東京UFJ銀行は、2011年3月期に欠損金がおおむね解消済みだ。

みずほFGでは、今期は上期(12年4~9月期)にみずほコーポレート銀行、下期(12年10月~13年3月期)にみずほ銀行とみずほ信託銀行が計上する繰延税金資産によって、通期(12年4月~13年3月)では約1000億円の増益要因となりそうだ。三井住友銀行も下期に繰延税金資産を計上することによって500億円を超える増益要因になる。3メガバンク以外では、りそなホールディングスも今期に同様の処理を行っている。

次ページ普通の会社としての存在意義は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT