”株高”は消費につながるのか?

アベノミクスで活況、動き出した高額消費

景気好転の波及が最も遅いといわれる旅行業界でも、個人投資家の中心であるシニア層の動きが活発だ。

JTBの高品質旅行専門店「ロイヤルロード銀座」では、一人50万~60万円程度のシニア層向け「旅彩彩」が欧州行きを中心に2割増。112日間をかけて世界一周するクルーズ旅行「飛鳥2」(100万円台~2000万円台)の2014年版への問い合わせも例年の1・5倍になっているという。

エイチ・アイ・エスがゴールデンウイークから始めるクルーズ船ツアーもシニア層に人気で、「日当たりのよい海辺のバルコニー付きの部屋から先に売り切れた」という。

こうした消費の動きをすべて株高の恩恵と考えるのは早計だが、一定の効果があるのは確か。日本の家計が保有する上場株式は昨年9月末で55兆円(図)。その後の日経平均株価が25%程度上昇したことを考えると、大ざっぱに13兆円の含み益を得たことになる。そのうち1割を消費の増加に回しただけで1兆円強の効果がある。

次ページ海外に流出する株高効果
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT