「チルドゆうパック」、実は冷えていなかった

郵便局員が告発「保冷剤が足りていない!」

日本郵便はチルドゆうパックの温度管理に不備があることが2013年に発覚している

果物の詰め合わせなどの水菓子や生鮮食品――。この夏、「涼」を届けるべく、中元や暑中見舞いに送った贈り物は本当に冷たい状態で届けられたのか。

日本郵便の取扱商品のひとつで、荷物を保冷状態で配達する「チルドゆうパック」の温度が、一部郵便局で規定の「5度以下」を大きく超えて取り扱われていたことがわかった。中には、20度を超えていた荷物もあったという。

保冷バッグ内荷物の温度は20.5度だった

社員が実際に保冷バッグ内を撮影。温度計の数字は20.5度を示している

チルドゆうパックの温度管理に不備があったのは、神戸市内のある郵便局。中元商戦真っただ中だった7月中旬、保冷バッグ内の温度が規定通りに下がっていないことに気がついた社員が業務用の温度計で荷物の温度を測ったところ、複数の荷物で15.9~20.5度を示した。配達前の仕分けのために荷物を冷蔵庫から出して保冷バッグに移した際、保冷バッグの中に入れる保冷材の数が十分でなかったことや、そのような状態のまま長時間放置していたことなどが原因ではないかという。

チルドゆうパックは、引き受けから配達までを0~5度の冷蔵温度帯で取り扱うサービスで、料金は通常のゆうパック料金に加え、保冷料金として大きさに応じて220~2060円が上乗せされている。日本郵便社内では、温度を5度以下に保つため、配達用保冷バッグの大きさごとに同梱すべき保冷材の個数が定められているほか、「外気に触れる場合は速やかに処理する」といった趣旨の規則が明文化されている。

これに対し、この社員は自身が勤務する郵便局におけるチルドゆうパックの取り扱いの「実態」についてこう告発する。

次ページ「実態」とは……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。