ロンドン中心部「ナイフ襲撃事件」の顛末

19歳の男を逮捕

 8月4日、英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。写真は事件現場付近の警官(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。

ロンドン警視庁のマーク・ロウリー副本部長は声明で「初期捜査によれば、事件の原因は精神的な問題である可能性がある。ただ、動機については予断を持たず捜査する」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT