ロンドン中心部「ナイフ襲撃事件」の顛末

19歳の男を逮捕

 8月4日、英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。写真は事件現場付近の警官(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。

ロンドン警視庁のマーク・ロウリー副本部長は声明で「初期捜査によれば、事件の原因は精神的な問題である可能性がある。ただ、動機については予断を持たず捜査する」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。