ロンドン中心部「ナイフ襲撃事件」の顛末

19歳の男を逮捕

 8月4日、英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。写真は事件現場付近の警官(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。

ロンドン警視庁のマーク・ロウリー副本部長は声明で「初期捜査によれば、事件の原因は精神的な問題である可能性がある。ただ、動機については予断を持たず捜査する」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。