ロンドン中心部「ナイフ襲撃事件」の顛末

19歳の男を逮捕

 8月4日、英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。写真は事件現場付近の警官(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部のラッセルスクエアで3日夜に起きたナイフによる襲撃事件で、19歳の男が逮捕された。この事件では60歳代の女性1人が死亡、5人が負傷した。

ロンドン警視庁のマーク・ロウリー副本部長は声明で「初期捜査によれば、事件の原因は精神的な問題である可能性がある。ただ、動機については予断を持たず捜査する」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT