ルネサス、赤尾社長に寄せられた15の質問

「正常化には3年」、臨時株主総会で増資を決議

経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは2月22日、川崎市で臨時株主総会を開いた。官民ファンドの産業革新機構と主要取引先8社(トヨタ自動車、日産自動車、ケーヒン、デンソー、キヤノン、ニコン、パナソニック、安川電機)から、総額1500億円の第三者割当増資を実施するため、株式の発行枠拡大について決議した。

出資は9月までに完了する見通しで、増資後は産業革新機構が69%を保有する筆頭株主となる。今回の大規模増資で、発行済み株式は約300%もの希薄化を招く。臨時株主総会では、複数の株主から不満の声が寄せられた。質問に立った株主は12人、質問の数は15にも及んだ。

それぞれの質問には重複した部分もあるため、主なやり取りを集約して以下に掲載する。株主からの質問には赤尾泰社長のほか主要役員が答えた。

自動車用マイコンは世界ナンバーワン

――競合の韓国サムスン電子や中国メーカーと比べ、ルネサスの競争力は。

赤尾泰社長 個別製品でみると強い面がある一方で、劣っている面もある。ルネサスの自動車用マイコンは世界シェアナンバーワンで、シェアは40%を超えている。劣っているNAND型フラッシュメモリとパワー半導体については、マイコンと組み合わせてソリューションとして提供することを考えている。

次ページ世界中に影響を及ぼす会社がなぜ?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT