ルネサス、赤尾社長に寄せられた15の質問

「正常化には3年」、臨時株主総会で増資を決議

――ルネサスは東日本大震災で工場が被災した時、世界中のサプライチェーンに影響を及ぼしたほどのすばらしい会社だ。にもかかわらず、なぜ儲からないのか。

赤尾社長 売上高を増やすためには、営業力の強化が重要な課題と認識している。中でも自動車向けの営業体制強化に向けて、組織変更を行っている。世界シェアナンバーワンのマイコン分野の顧客網を生かし、アナログ半導体やパワー半導体の売り上げ拡大を進めていく。

さらに1月17日には、組織再編も発表した。国内販売子会社のルネサスエレクトロニクス販売を10月1日に本体と統合させる。伸びが期待できない国内市場は、特約店を中心とした間接営業で効率化する。一方で海外を伸ばすために、本体の営業力を強化していく。

「スピード感、十分ではなかった」

写真は昨年12月10日の記者会見に出席した赤尾泰社長(撮影:風間 仁一郎)

――世界的に高シェアなマイコンを持っているのに、なぜ資本増強が必要になったのか。経営としてどう総括する?

赤尾社長 資本増強は、当社が取り組むべき最優先の課題であると考えている。2010年のルネサステクノロジとNECエレクトロニクスの経営統合以降、事業見直しや固定費削減を鋭意進めてきた。

 その途上で、東日本大震災やグローバル経済の環境悪化、円高、日中関係のもつれなどの要因で日本製品の販売が伸び悩むなど、厳しい経営環境が続いた。結果的には当社のスピード感が十分ではなかったということになる。自然災害を含む想定できないことが起きても、事業を継続できる財務基盤の強化が必要との認識がある。今は事業の選択と集中で売り上げが落ちている面もあるが、業績回復に向けて重点分野に対する成長投資の資金が必要だ。

次ページ株主との取引関係、どうする?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。