ユニクロの客数が6カ月ぶりに増加した理由

7月前半の気温が高く夏物販売が好調

 8月2日、ファーストリテイリング は、7月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比18.1%増加したと発表した。7月は前半の気温が高く、夏物コア商品の販売が好調だった。写真は都内で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、7月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比18.1%増加したと発表した。7月は前半の気温が高く、夏物コア商品の販売が好調だった。

7月の客数は同8.1%増、客単価は同9.2%増。客数が前年同月を上回ったのは、今年1月以来6カ月ぶり。

国内ユニクロの既存店売上高は、暖冬の影響などで上期(9―2月期)は1.9%減となっていたが、3―7月期は5.8%増と回復している。

 

 

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。