ユニクロの客数が6カ月ぶりに増加した理由

7月前半の気温が高く夏物販売が好調

 8月2日、ファーストリテイリング は、7月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比18.1%増加したと発表した。7月は前半の気温が高く、夏物コア商品の販売が好調だった。写真は都内で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、7月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比18.1%増加したと発表した。7月は前半の気温が高く、夏物コア商品の販売が好調だった。

7月の客数は同8.1%増、客単価は同9.2%増。客数が前年同月を上回ったのは、今年1月以来6カ月ぶり。

国内ユニクロの既存店売上高は、暖冬の影響などで上期(9―2月期)は1.9%減となっていたが、3―7月期は5.8%増と回復している。

 

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT