ユニクロの客数が6カ月ぶりに増加した理由

7月前半の気温が高く夏物販売が好調

 8月2日、ファーストリテイリング は、7月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比18.1%増加したと発表した。7月は前半の気温が高く、夏物コア商品の販売が好調だった。写真は都内で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、7月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比18.1%増加したと発表した。7月は前半の気温が高く、夏物コア商品の販売が好調だった。

7月の客数は同8.1%増、客単価は同9.2%増。客数が前年同月を上回ったのは、今年1月以来6カ月ぶり。

国内ユニクロの既存店売上高は、暖冬の影響などで上期(9―2月期)は1.9%減となっていたが、3―7月期は5.8%増と回復している。

 

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT