方向感のない日本株でも儲ける方法がある

上昇も下落も長続きしないのが今の相場

追加金融緩和はあったが、方向感のない日本株。それでも儲ける方法とは(撮影:尾形文繁)

日銀の追加緩和発表の後、株価は乱高下、円高、債券安という形で反応しました。8月2日に詳細が発表される景気対策についても、事業費28兆円は市場予想こそ上回るものの、いわゆる真水の額からみて、景気の押し上げ効果は小さく、影響は限定的と思われます。

見かけの数字をかさ上げする旧来型の手法という評価になる懸念さえあります。政策への期待、思惑で進んできた円安・株高からは、市場の反応は失望ということになります。

「上昇」も「下落」も長続きしないことがポイント

今年に入ってから「上」にも「下」にもトレンドが出ない株式相場が続いています。「保ち合い」相場とか、「ボックス」相場とか呼ばれるもので、上値が重く、下値もそれなりに堅い相場が持続していることになります。ただし、このような相場展開では上昇相場も下降相場も長期化することはなく、一つの波動での騰落幅にも限度があります。

2月以降の安値・高値で株価循環を検証してみますと、以下の通りです。

 安値  高値  安値  高値  安値  高値  安値  高値
  2/12  3/14 4/06  4/22  5/06  5/31  6/24  7/18
   21日  16日  12日  6日  17日  18日   18日
    (37日)    (18日)    (35日)

安値から高値への上昇期間、高値から安値への下落期間はすべて1か月以内に収まっていますし、安値から安値への1循環も長くても35~37日で2か月以内です。株価の騰落ともに長期化しないことがボックス相場の証でもあります。

次ページ「ボックス相場」の天井と底を見極めるには?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT