日経平均は週末にかけ下落の可能性も

市場のエネルギーは徐々に縮小

株価上昇のカギ握るTPP交渉

理由の二つ目は売買代金の低下である。18日の東証1部の売買代金の概算は1兆8404億円と、12営業日ぶりに2兆円割れとなった。これまでは国内機関投資家などの大量の戻り待ちの売りを、旺盛な買い意欲が吸収する形で株価が上昇してきたが、買いエネルギーが減退すると、上値追いが難しくなる。

この沈滞ムードを吹き飛ばすには、21~22日にかけて予定されている安倍晋三首相の訪米で、TPP参加交渉に向けて前進が見られるかが、カギを握っているといえるだろう。

特に海外投資家は、日本の構造改革の本気度をはかるうえでTPP参加を試金石として見ているようで、注目度は高い。とはいえ、訪米中に好材料が出たとしても、その後すぐの24~25日にはイタリア総選挙も控えていることから様子見姿勢も強まりそうで、やはり先週に引き続き、神経質な値動きに終始しそうだ。

「株式ウイークリー」編集長 藤尾 明彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT