日経平均は週末にかけ下落の可能性も

市場のエネルギーは徐々に縮小

18日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末終値と比べて234円04銭高の1万1407円87銭と、2営業日ぶりに大幅反発。TOPIXも同20.28ポイント高の962.69と、こちらは4営業日ぶりに反発して引けた。

先週末の米国株式市場は、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)を目前に控えてほぼ横ばい。ただ、日経平均はG20で懸念されていた「円安批判」が出なかったことによる安心感から上昇スタート、引けにかけても値を保った。

しかし、今週は18日のような上昇の勢いは続かない可能性が高いと見ている。その理由の一つとして、まず日経平均のローソク足(週足ベース)を見ると、先週末までに2本(2週)連続で陰線が立ったことが挙げられる。陰線が出るということは週初に比べて週末の株価が低いという状況であり、市場に先安感があるときに示現しやすい。2本連続ではっきりとした陰線が出たのは、野田佳彦前首相の衆院解散発言が飛び出した昨年11月中旬以降、初めてのことである。

次ページ売買代金も当面のピークをつけたのか
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。