みずほFG、JALの上値はあるのか?

破綻したJALの損を取り返し3年越しリベンジ

破綻したJALの損を、ついに新生JALで取り返す

【2月12日(火)】9時04分、日本航空を4500円で1800株売り、123万2417円の利益確定。再上場前の日本航空株で約100万円の損失があり、2010年1月に経営破綻し上場廃止が決定した時には、もうJALの損はJALで取り返すことが出来なくなり、仕方ないので、JALUX(2729)で取り返そうかと考えていたが、苦節3年の悲願が達成できて本当に嬉しい。しかも3年分の利息(約23万円)まで付けて取り返せた。

【2月13日(水)】NYダウは、47ドル高の1万4018ドルと5年4ヶ月ぶりの高値。引け後、青山財産ネットワークス(8929)が12月本決算を発表した。業績は良くなかったが、期末配当金を650円予想から750円に増配するそうだ。1月30日に保有株の50株全部を2万8000円で売ってしまっているが、配当の権利はあるので、ちょっと嬉しい。

【2月14日(木)】9時16分、東北地盤の警備会社のトスネット(4754)が売気配で急落していたので、378円(前日比52円安)で4000株買ってみた。平均買値300円で6000株保有していたので、計1万株。10時28分、イベント企画運営大手のTOW(4767)を535円で1万2000株売り、145万5870円の利益確定。買いは、不適切な会計で急落した2012年11月13日、413円で9000株と415円で3000株。12月の中間配当の権利(1株配14円で16万8000円)もゲットしている。

【2月15日(金)】日経平均は、133円安の1万1173円で、日経平均の週足は20円67銭高で終わったが、1万1100円台でモミ合っている。この日の出来高第1位はみずほフィナンシャルグループで、なんと9億3541万5700株。東証1部出来高45億1480万株の、2割を超えた。これは大型増資の連発と、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほインベスター証券との株式交換で新株発行により巨大化した結果だろう。株式相場はG20の開催を控え、為替相場に振らされる展開で、昨年11月からの急ピッチな上昇でひとまず休憩か? 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT