ボルボ「V40」最新型に乗ってわかった魅力

シャープなのは「顔つき」ばかりじゃない

T字型ポジションランプが特徴的な新型V40

日本で最も売れているボルボ、V40がスタイリッシュになった。シャープなヘッドランプに美しい内装、操縦性ばかりでなく魅力がぐんとアップした。

古びるどころか魅力は増している

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

比較的コンパクトで扱いやすいサイズに加え、クーペライクなスタイリッシュさで人気が高いボルボ V40。日本に導入された2013年いらい改良を重ねて、古びるどころか魅力は増しているといってもいい。2016年7月にはフロントマスクに大きな変更が施された。これがニュースだ。

なかでも最も大きな変更点はヘッドランプだ。本国では北欧神話に出てくる槌(つち)で雷を作る神トールにちなんで「トールハンマー」と呼ばれる、TシェイプのLEDが採用されたのが新しい。グリルの輪郭も見なおされ、中心のアイアンマークなるボルボ車のエンブレムも新意匠となった。ようするに、一目で新しいV40とわかるフェイスを手に入れたのだ。

“トールハンマー” Thor Hammerはウィンカーとして機能する

新型は大きくいうと、V40とV40クロスカントリーからなる。後者には総輪駆動のAWDの設定もある。V40の場合、車名のサブネームでエンジンが判断できる。ベーシックグレードにあたるのがT3(339万円〜)。これは112kW(152ps)の1.5リッター4気筒エンジン(+6段オートマチック変速機)だ。D4(364万円〜)は140kW(190ps)の2リッター4気筒ディーゼルエンジン(+8段オートマチック変速機)搭載を意味している。そしてT5(455万円〜)は180kW(245ps)とパワフルな2リッター4気筒エンジン(+8段オートマチック変速機)だ。

次ページグレード体系も見なおされた
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。