日経平均の次の上値メドは?

リーマン後高値1万1408円をついに突破

 

日経平均はリーマンショック後の高値を突破、4年5か月ぶりの高値に

2月6日の日経平均株価は、前日比416円高の1万1463円75銭で引け、ついに2010年4月につけたリーマンショック後の戻り高値1万1339円(終値ベース)、1万1408円(ザラバ高値)を次々と突破。終値では08年9月29日(1万1743円)以来、4年5か月ぶりの高値となった。

市場エネルギー旺盛、相場は「日本買い」の様相

09年3月安値7021円から10年4月高値1万1408円までの動きを、リーマンショック後の上昇第1波と考えると、今回の動きは、「12年6月安値8238円を起点とする中期上昇第2波入りした可能性が高い」と、DZHフィナンシャルリサーチの日本株情報アナリスト、東野幸利氏は言う。

これまでリーマンショック後に何度かあった反発局面では、主に競争力のある勝ち組輸出関連企業が牽引してきたが、昨年秋からの今回の上昇はメガバンクなど内需株の本格上昇を伴っている点が大きく違う。まさに「日本買い」といった様相で、市場の買いエネルギーは旺盛だ。6日の売買代金は2兆8191億円と、昨年来で最高水準となった。

次ページ次の重要なメドはいくら?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT