北朝鮮が弾道ミサイル3発発射、短距離2発とノドン1発と米軍

500~600キロ飛行

 7月19日、韓国軍によると、北朝鮮は同日早朝、弾道ミサイル3発を発射した。写真左は金正恩朝鮮労働党委員長、提供写真(2016年 ロイター/KCNA)

[ソウル/ワシントン 19日 ロイター] - 韓国軍によると、北朝鮮は19日早朝、弾道ミサイル3発を発射した。

現地時間午前5時45分から6時40分(日本時間同)にかけ、西部から東方の海に向け発射したミサイルは、500-600キロメートル飛行したという。

韓国軍は声明で、ミサイルの飛行距離は「(南部の)釜山を含め韓国全土を射程距離に含む」とした。

北朝鮮は韓国への最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備決定に反発を強めている。

米戦略軍は声明で、北朝鮮のミサイル発射を探知し約1時間にわたり監視したと表明。発射されたのは、短距離ミサイルのスカッド2発、中距離弾道ミサイルのノドン1発との見解を示した。

*米軍の声明を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT