北朝鮮が弾道ミサイル3発発射、短距離2発とノドン1発と米軍

500~600キロ飛行

 7月19日、韓国軍によると、北朝鮮は同日早朝、弾道ミサイル3発を発射した。写真左は金正恩朝鮮労働党委員長、提供写真(2016年 ロイター/KCNA)

[ソウル/ワシントン 19日 ロイター] - 韓国軍によると、北朝鮮は19日早朝、弾道ミサイル3発を発射した。

現地時間午前5時45分から6時40分(日本時間同)にかけ、西部から東方の海に向け発射したミサイルは、500-600キロメートル飛行したという。

韓国軍は声明で、ミサイルの飛行距離は「(南部の)釜山を含め韓国全土を射程距離に含む」とした。

北朝鮮は韓国への最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備決定に反発を強めている。

米戦略軍は声明で、北朝鮮のミサイル発射を探知し約1時間にわたり監視したと表明。発射されたのは、短距離ミサイルのスカッド2発、中距離弾道ミサイルのノドン1発との見解を示した。

*米軍の声明を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。