「株価は景気に先行する」はあてにならない

儲けたいなら株価と企業業績の秘密を知れ

「ポケモンGO」人気で、直近の日本株には一部に明るさも。だが、買いたくなる気持ちを押さえて、まずは株価と企業業績の関係をよく見てみよう(News Herald/AP/アフロ)

私はこれまで「株価は景気に先行する」、「株価には先見性がある」と学んでもきましたし、信じてもきました。しかし、2015年度の1年間を通して、株価と企業業績の動きをチェックしてみると、必ずしも株価が先見しているという事実は感じ取れませんでした。

利益も景気の先行指標といわれます。企業は利益を稼ぎ、その稼ぎで雇用を増やし、賃上げもし、投資を増やし、景気を温める役割を担います。結果として利益は景気に先行します。株価の先見性と合わせて考えるなら、利益と株価はほぼ一致して動き、予想利益と株価で算出するPER(株価収益率)が投資指標として意味を持つことになります。しかし足元の市場では微妙に狂いが生じているようです。

株価は利益の変化に1四半期遅れる

下記は日経平均株価と、経常利益の四半期ベースの変化率(前年同期比)を見たものです。経常利益は「法人企業統計季報」のほとんどが上場会社と思われる資本金10億円以上の企業の値を使用しています。

(2015年度) 経常利益         平均株価
  04~06  +24.2%  07~09  +25.2% 
  07~09  + 5.7   10~12  +14.3
  10~12  ▲11.4   01~03  ▲ 7.6
  01~03  ▲18.7   04~06  ▲18.3

 上記では経常利益と平均株価の変化率をわざと1四半期ずらしています。例えば、(01~03)期の経常利益が前年同期比で18.7%の減益で、株価は1四半期ずらした(04~06)期に18.3%下落しました。上記をもう一度見ていただくとわかるように、経常利益の変化に株価の変化が1四半期ズレていることは明らかです。言葉を換えれば、業績・利益を確認してから株価が遅れて動いていることになります。もしこのような動きが続くなら、株価の先見性は疑ってかからなければならなくなります。

次ページ企業の売上高は前年度からマイナス基調
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT