「株価は景気に先行する」はあてにならない

儲けたいなら株価と企業業績の秘密を知れ

「ポケモンGO」人気で、直近の日本株には一部に明るさも。だが、買いたくなる気持ちを押さえて、まずは株価と企業業績の関係をよく見てみよう(News Herald/AP/アフロ)

私はこれまで「株価は景気に先行する」、「株価には先見性がある」と学んでもきましたし、信じてもきました。しかし、2015年度の1年間を通して、株価と企業業績の動きをチェックしてみると、必ずしも株価が先見しているという事実は感じ取れませんでした。

利益も景気の先行指標といわれます。企業は利益を稼ぎ、その稼ぎで雇用を増やし、賃上げもし、投資を増やし、景気を温める役割を担います。結果として利益は景気に先行します。株価の先見性と合わせて考えるなら、利益と株価はほぼ一致して動き、予想利益と株価で算出するPER(株価収益率)が投資指標として意味を持つことになります。しかし足元の市場では微妙に狂いが生じているようです。

株価は利益の変化に1四半期遅れる

下記は日経平均株価と、経常利益の四半期ベースの変化率(前年同期比)を見たものです。経常利益は「法人企業統計季報」のほとんどが上場会社と思われる資本金10億円以上の企業の値を使用しています。

(2015年度) 経常利益         平均株価
  04~06  +24.2%  07~09  +25.2% 
  07~09  + 5.7   10~12  +14.3
  10~12  ▲11.4   01~03  ▲ 7.6
  01~03  ▲18.7   04~06  ▲18.3

 上記では経常利益と平均株価の変化率をわざと1四半期ずらしています。例えば、(01~03)期の経常利益が前年同期比で18.7%の減益で、株価は1四半期ずらした(04~06)期に18.3%下落しました。上記をもう一度見ていただくとわかるように、経常利益の変化に株価の変化が1四半期ズレていることは明らかです。言葉を換えれば、業績・利益を確認してから株価が遅れて動いていることになります。もしこのような動きが続くなら、株価の先見性は疑ってかからなければならなくなります。

次ページ企業の売上高は前年度からマイナス基調
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT