クーデター失敗でも、日本株は下落の可能性

地政学リスクが再燃、一時的な円高が進行も

突如トルコで起きた軍事クーデター。もし結果が失敗だとしても、日本株は影響を受ける可能性がある。ではどんな形で影響が出るのか(ロイター/アフロ)

日経平均の週間上昇率は、1997年11月以来

「怒涛の5連騰」だった。参議院選挙後の日経平均株価は、結局下がることなく、週間上昇率は+9.21%。史上最高値を更新しているNYダウでさえ+2.04%だ。独DAX(+4.54%)、英FTSE100(+1.19%)、香港ハンセン(+5.33%)、印ムンバイ(+2.61%)など主要株価指数との比較では圧倒的なパフォーマンスとなった。

この上昇率は2014年10月末の「黒田バズーカ第2弾」の際に記録した+7.33%(+1122.12円)を超えており、1997年11月以来の大幅高。筆者が先週末に寄稿した内容は、「参議院選挙の結果で日本株は低迷する」という内容だった。

結果、真逆の展開となったことは反省しなくてはならない。「ヘリコプターマネー」「永久国債発行議論」「任天堂ポケモンGO」などを読みきれなかった筆者の思慮不足に他ならない。こうした事象を加えて19日以降の日経平均や為替動向の見通しを構築しようと思う。だが、前向きな展開を想定しようか考えていた矢先、とんでもないニュースがトルコから飛び込んできた。「軍事クーデター」の発生だ。

次ページクーデターは失敗に?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。