KDDI社長、「利益は本格回復フェーズ」

13年3月期予想を上積み

国内携帯電話市場でNTTドコモ、ソフトバンクと競うKDDI(au)の業績が堅調だ。

「本格的な利益回復のフェーズに入った」。1月28日、東京都内で会見したKDDIの田中孝司社長は宣言した。携帯・固定電話とも堅調で、同日発表した2012年4~12月期(第3四半期)決算は、売り上げを示す営業収益が前年同期比2.5%増の2兆7105億円、営業利益は同3%増の3955億円と、小幅ながらも増収増益となった。

携帯電話における契約者の新規開拓が順調に進んだ。番号を変えずに携帯会社を乗り換えるMNP(番号持ち運び制度)でも、アップル「アイフォーン5(iPhone5)」の好調などを背景に高水準の顧客獲得(流入は15カ月連続で首位)が続いた。音声収入は減少傾向ながら、スマホ移行が進んだことでデータ通信料収入は拡大し、全体の通信料収入も増収となった。

携帯と固定の同時契約が集客の武器に

固定回線も光回線「auひかり」の契約を順調に伸ばしている。牽引役は、固定回線とスマホのセット割引サービス「auスマートバリュー」だ。10~12月だけを取り出すと、固定回線の新規契約のうち、48%が同サービスに加入。携帯電話でも、新規契約の33%がスマートバリューを同時に契約している。相互に集客の武器となっているようだ。

次ページiPhone5失速の指摘も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。