スタイリスト「地曵いく子本」が"刺さる"理由

ズバズバ口調の「おしゃれ指南本」は写真なし

――残念な服を増やさないことが大切と強調しています。

自分の人生って思ったより短いから、そんなの着ているヒマはない。

自分を良く見せてくれない服をうっかり着てしまうと、良く見える服を着る機会が1回減る。靴もそうです。足が痛くなるような靴だと、途中でZARAに駆け込んで代わりのものを買ったり、歩きやすいサンダルとかスニーカーを買ってしまう。靴が合わないと、機嫌が悪くなり、姿勢が悪くなり、歩く距離が減るので太る。

バーゲンでは今シーズン何回着るかを計算

――それほど靴は大切だと。

私の父は、数こそ少なかったけど、日曜日に靴を磨いていました。手入れしているから全部が美しい。逆にいっぱい靴を持っていても、高温多湿の日本で手入れをしていないと、カビが生えたりする。

――バーゲン、セールでの注意点を教えてください。

今シーズンが終わるまで何回着るかを考えて、その回数で割る。で、納得したら買っていい。

――ずっとではなく今シーズンですか。

夏物は頑張っても2、3年じゃないですか。どんなにきれいにしても、黄ばんできたりしますから。特にバーゲンは今年何回着るか、くらいがいい。だって、買って忘れちゃったりするから(笑)。Tシャツなどは、結局クリーニングに出しても、年を越したものって寝巻きですよね。

――確かに、家着になりますね。

3万6000円のものが1万8000円になったとして、「お、1万8000円。安い」と思っても、3回しか着なかったら6000円。「じゃあ、これ1回着るのに6000円」と考えたら、けっこう踏みとどまれる。逆に、6000円かけてもこれ着たいと思ったら買えばいい。これが極意。

あとね、お財布とか毎日使っているものは買っていいと思っていて(笑)。靴は、今履いている靴を捨てて履き替えるくらいの靴でなければ、買わなくていい。あとは、指などが当たって痛いところは、その場で靴を伸ばしてもらう。その場で履けない靴は、ずっと履けない。今欲しいものを買う、先を見越して買うな、ですね。

次ページ必要なのは自制心
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT