5000カ所!中国に「起業支援センター」乱立

これは隠れ不動産バブルなのか

ベンチャーキャピタリストによると、新興企業は、既に成功しているイノベーションセンターがあり、有望な市場を持ち人材が見つけやすい場所に引き寄せられる。

新興企業が集まる5大都市は珠海、北京、広州、上海、深センとなっている。地方にいきなりイノベーションセンターをつくっても有力な新興企業が生まれたり、集まったりすることはないとみられている。

また、専門家によると、中国の起業文化を妨げる要因も存在する。

親は安定した職に就くことを求めている

中国の若者は安定した職に就くことを求める親からのプレッシャーにさらされており、起業はリスクが高すぎるとみられている。

北京で入居率85%の民間コワーキングスペースを運営しているボー・イーチュン氏は、暗記中心で創造的思考の発達を妨げる中国の教育システムにも問題があると指摘。「教育水準が高まらなければ、イノベーションも高まらない」と話す。

前出のバオ氏は、たとえこれら全ての要素が原因だとしても、政府が元起業家やベンチャーキャピタリストと協力すれば成功する可能性は高まると指摘。「政府自身が投資決定を行ってはうまくいかない」と語った。

 

(Sue-Lin Wong記者 翻訳:川上健一 編集:加藤京子)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT