戸惑う親に伝えたい「反抗期男子」のトリセツ

「精神的なよちよち歩き」を見守るために

また、子は親の鏡ということもあります。週末にお父さんが「疲れた〜、疲れた~」とゴロゴロしてばかりいて、お母さんが日々の生活の文句ばかりを言っていたら、子どもだって生きる活力を失ってしまいます。「どうして大人がダラダラしているのに、自分だけ頑張らなきゃいけないんだ?」という疑問は解消できません。

子どもに無気力を感じたのなら、まず親自身が気力をもって生活することを心掛けなければなりません。

思春期は「精神的なよちよち歩き」

つい余計なことを言い出しそうな自分に気づいたら、息子さんが1歳だったころを思い出してみてください。

よちよち歩きはうれしいのだけれど、反面、転ぶのではないか不安で仕方がなかったはずです。でも、その不安な気持ちをグッとこらえて、よちよち歩きを見守ってきたと思います。実際、息子さんは何度も転んで、泣いたことも、ケガをしたこともあったと思います。それでも見守ることができたのはなぜでしょうか。

『「思春期男子」の見守り方』(PHP研究所)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

それは、みなさんのなかに、「何度転んで泣いたとしても、最終的には必ず上手にあんよができるようになる」という確信があったからではないでしょうか。思春期も同じです。

思春期は、「精神的なよちよち歩き」の時期です。頭でっかちで不格好に歩いているようにしか見えなくても、本人は立派に歩いているつもりなんです。見ていると不安になる気持ちはわかります。よちよち歩き同様、実際に失敗もします。でも、最終的には必ず一人で上手に歩けるようになります。

親がよほど余計なことをしなければ、子どもはちゃんと育ちます。親の「思いどおり」にはならないかもしれませんが、「それなりのもの」には必ずなります。

その確信がもてれば、1歳のよちよち歩きのときのように、どんと構えて見守ることができるようになるのではないでしょうか。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。