インターンシップは就活を成功させる近道だ

内定者全員がインターン経由の企業も出現

企業側がインターンシップを受けられる学生をどのように選ぶかというと、「適性試験」「面接」によるものが中心であることがHR総研の調査で分かっている。つまり企業はインターンシップを明確に選考の1ステップに位置付けており、2時間程度の「インターンシップもどき」はすでに、会社説明会のようなものなのである。

どんなインターンシップかを見極める

では、このような状況に対して学生はどのように対処すればよいだろうか。ある程度の数の企業がインターンシップを選考に活用している以上、その実態を把握し、事前に企業のインターンシップの目的を確認する必要がある。

①選考に直結していると明言している企業には、選考のつもりで準備して受ける
②明言していないがインターンシップ経由の内定実績が多い場合(企業に確認する)、やはり選考のつもりで準備して受ける
③ほとんど選考と結び付いていない場合(企業に確認する)、就業体験として業界、企業を選ぶ
 ――のいずれかを見極めて対処するといいいだろう。

 

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

インターンシップ先企業を選ぶ際、単に志望業界、企業だけでなく、知らない業界や、就業体験自体が貴重なものなどを選ぶことをお勧めする。中堅・中小企業でのインターンシップも、学生の先入観を良い意味で打ち壊す経験ができることが多いからだ。

最後に、誤解なきように言っておくが、先にも書いたとおり、企業のインターンシップの形式によっては受け入れられる学生数が極めて限定されており、実際の採用数よりはるかに少ない人数しか受け入れられない。インターンシップに落ちたからといってその企業の本試験を受験しても落ちたことにならないので(インターンシップからしか選考しない企業はまだまだ少ない)、あきらめないでチャレンジしてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT