消費者物価上昇率2%達成の手段は見えず

安倍政権と妥協、日銀・白川総裁が会見

Q 宮尾委員の提案について。

A 継続期間を設定することが必要という判断で否決された。

Q 半年弱の間に4回の金融緩和を行っている。かなり異例ではないか。

A 異例だと思う。世界経済の減速、日中関係の悪化による経済への悪影響が懸念され、そうしたことに果敢に対応した。先行きの望ましい見通しの実現の確度を高めると言う意味で今回は緩和に踏み切った。

Q 日本が円安政策を行っているのではないかということで、海外の要人から批判的な発言が出ているが

A 私の立場からのコメントはしない。

Q 準備預金への付利を外すことは議論されなかったのか。

A 見解は過去の会見で何度も話しているとおりで、従来と変わらない。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT