なぜ私は、新日本プロレスを買ったのか?

木谷高明・新日本プロレス会長を直撃(その1)

キム:カードゲームの顧客層としては、昔のプロレスファンと新しいプロレスファンと、どちらが多いですか?

木谷:今のファンです。オンライン対戦なので、20〜30代が中心ですね。

キム:もうおじさんファンはわからない領域ということでしょうか。

木谷:わからないでしょうね。

キム:宣伝に関してなのですが、私が日本に帰ってきて電車に乗りましたら、新日本プロレスのレスラーが車内広告に載っていて驚きました。これは、ブシロードの買収後に、マーケティングを強化されたということですか。

木谷:そうですね。

キム:実は新日本プロレスの社員の皆さんに何人か、突撃インタビューをさせていただきましたところ、ブシロードさんに経営が変わってから一番うれしいと思っているのは、「マーケティングでおカネを使ってくれること」とおっしゃっていました。木谷さんは日頃から、「マーケティングではあんまり計算するな」「とにかくバンバン使うんだ」とおっしゃっていると記事で読んだ記憶があります。

そこでお伺いしたいのですが、初期の段階でどのぐらいの予算をプロレスのマーケティングにつぎ込める余地があるわけですか? 

木谷:今年1月4日の東京ドーム大会で一区切りだと思っています。これからも、大きな大会の際には特別に宣伝するとは思うんですが、以前ほど宣伝する必要はなくなってきましたね。

キム:自律的にお客や潜在顧客の間でのコミニュケーションが広がっていると。

木谷:放っておいてもいい段階にちょっと入ったと思います。

キム:そうですか。この段階に移行するために、これまでに実施されたいろんなマーケティング、キャンペーンの中で何が一番効果的でしたか?

木谷:地方も含めて一番大きいのは、BS朝日での放送です。ほぼブシロードの一社スポンサーで、「ワールドプロレスリング・リターンズ」という再放送の1時間番組をやってるんですよ。

キム:それは買収後に始められたんですか?

木谷:ええ、12年の4月から始めました。これは、地方の観客動員にかなり役立っていると思いますね。木曜日の23時からの放送ですから比較的見やすい時間帯です。この放送が一番効いていると思います。

次ページグローバルエリートの講評
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。