都内「痴漢被害」7割が電車や駅で起きている 女性専用車、防犯カメラの設置進む鉄道各社

拡大
縮小
画像を拡大
鉄道各社で運行されている女性専用車(写真:bunnbukuP / PIXTA)

先の報告書では、インターネット上で行ったアンケートの結果も公表されており、「痴漢を防止するために効果的だと思うこと」としては「女性専用車両」が52.8%でもっとも高く、次いで「防犯カメラ」が45.3%、「警察の取り締まり強化」「駅や電車内での警察官やガードマンの警戒」が38.5%となっている。

一方、防犯カメラの設置については避けて通れない別の問題もある。2002年ごろ、住民基本台帳ネットワークシステムの導入に際して、個人情報とプライバシーの問題が議論を呼び、関連して街中の防犯カメラ=監視カメラに関する話題が注目を集めた。

そういう議論の記憶が残る立場からすると、車内の防犯カメラ設置には、疑問もなくはない。実際、先の報告書のアンケート結果では、防犯カメラ設置が痴漢防止に役立つと思うかという問いに対し「そう思う」「ややそう思う」との回答が計83.6%に達する一方、「防犯カメラはプライバシー侵害になるか」との問いに対して「そう思う」「ややそう思う」と答えた人も47.6%に上り、効果への期待とともに監視への懸念が根強いこともうかがえる。

痴漢の発生件数公表を

乗っていれば時間どおりに目的地にたどりつく、安心して乗ることができる、安全だという日本の鉄道の「信頼」は、鉄道事業者だけではなく、乗客も参加することで成立している。いわば、鉄道への「信頼」は、鉄道にかかわるすべての人たちの協力によって成り立っているものだ。その信頼を破壊する痴漢の撲滅には、まず被害が多発していることを知り、無関心を解消することが重要だ。

冒頭でも記述したが、痴漢に関するデータは限定的だ。路線別検挙数のデータは、前述した2011年の報告書を除けば、「そういった統計は取っていない」(警察庁)という。人々の無関心を解消し、有効な対策を考えるためにも、まずは電車内での痴漢発生状況について統計をまとめ、データとして可視化することが必要ではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT