ドイツ映画館で立てこもり、警察が武装覆面男を射殺

ライフルのような長い銃で武装

 6月23日、ドイツの映画館に武装男が立てこもったが、警察に射殺された。写真は現場付近で23日撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フィルンハイム(ドイツ) 23日 ロイター] - ドイツの警察当局によると、同国西部の映画館に23日、銃を持ち覆面をした男が一時立てこもる事件が発生したが、男はその後、警察によって射殺された。

警察の報道官によると、同容疑者以外に負傷者は出ていない。

警察は容疑者の身元や動機について明らかにしていないものの、過激組織に属していたような経歴はないもようという。

ヘッセン州内相によると、男はライフルのような長い銃で武装し、一人で犯行に及んだとみられている。

映画館の従業員がロイターに明らかにしたところによると、男の年齢は18─25歳、身長は170センチ程度だったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT