ドイツ映画館で立てこもり、警察が武装覆面男を射殺

ライフルのような長い銃で武装

 6月23日、ドイツの映画館に武装男が立てこもったが、警察に射殺された。写真は現場付近で23日撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フィルンハイム(ドイツ) 23日 ロイター] - ドイツの警察当局によると、同国西部の映画館に23日、銃を持ち覆面をした男が一時立てこもる事件が発生したが、男はその後、警察によって射殺された。

警察の報道官によると、同容疑者以外に負傷者は出ていない。

警察は容疑者の身元や動機について明らかにしていないものの、過激組織に属していたような経歴はないもようという。

ヘッセン州内相によると、男はライフルのような長い銃で武装し、一人で犯行に及んだとみられている。

映画館の従業員がロイターに明らかにしたところによると、男の年齢は18─25歳、身長は170センチ程度だったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。