ドイツ映画館で立てこもり、警察が武装覆面男を射殺

ライフルのような長い銃で武装

 6月23日、ドイツの映画館に武装男が立てこもったが、警察に射殺された。写真は現場付近で23日撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フィルンハイム(ドイツ) 23日 ロイター] - ドイツの警察当局によると、同国西部の映画館に23日、銃を持ち覆面をした男が一時立てこもる事件が発生したが、男はその後、警察によって射殺された。

警察の報道官によると、同容疑者以外に負傷者は出ていない。

警察は容疑者の身元や動機について明らかにしていないものの、過激組織に属していたような経歴はないもようという。

ヘッセン州内相によると、男はライフルのような長い銃で武装し、一人で犯行に及んだとみられている。

映画館の従業員がロイターに明らかにしたところによると、男の年齢は18─25歳、身長は170センチ程度だったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。