ドイツ映画館で立てこもり、警察が武装覆面男を射殺

ライフルのような長い銃で武装

 6月23日、ドイツの映画館に武装男が立てこもったが、警察に射殺された。写真は現場付近で23日撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フィルンハイム(ドイツ) 23日 ロイター] - ドイツの警察当局によると、同国西部の映画館に23日、銃を持ち覆面をした男が一時立てこもる事件が発生したが、男はその後、警察によって射殺された。

警察の報道官によると、同容疑者以外に負傷者は出ていない。

警察は容疑者の身元や動機について明らかにしていないものの、過激組織に属していたような経歴はないもようという。

ヘッセン州内相によると、男はライフルのような長い銃で武装し、一人で犯行に及んだとみられている。

映画館の従業員がロイターに明らかにしたところによると、男の年齢は18─25歳、身長は170センチ程度だったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT