「アベノミクス」で個人投資家は戻ってくるか

日経平均1万円台定着の条件(1)

解散時の1万1700円台から同年末には1万6300円台へと40%近い値上がり。海外投資家はかつて「自民党をぶっ壊す」とブチ上げた小泉元首相のリーダーシップに日本の政治変革への予兆を感じ取っていた。同8月から年末までの5カ月間で、買い越し額は約6兆6000億円に達した。

小泉首相(当時)は、外国人投資家に、日本が変わるとの期待を抱かせた

一方、個人投資家は当時の同期間、約2兆2000億円と大量の売り越しを記録。今回もこれまでのところ、「売り先行」の姿勢だ。「(株価が買い値近辺まで戻ってきた時点で処分する)“ヤレヤレの売り”が膨らんでいる」(ストックボイスの岩本秀雄副社長)という。昨年11月12~16日の週からの6週間では1兆円近い売り越し。その大半は現物の売りだ。

生命保険や信託銀行など国内の機関投資家も売り越しが続く。国内勢の処分売りを海外勢が吸収した形だ。「社会保障改革による年金給付削減など国民に耳障りの悪いことも安倍首相が言えるのかどうか、年金基金などは“半信半疑”の状態」(富国生命投資顧問の櫻井祐記社長)。

60歳以上の投資家が全体の64%を占める現実

新しい自己資本比率規制「バーゼルⅢ」適用でリスク資産圧縮を迫られる銀行。健全性指標の「ソルベンシーマージン」比率を一定水準に維持するため、同じく日本株投資で制約を受けてしまう生保。加えて、事業法人の「財テク」ももはや、過去の話しだ。それだけに、株式市場の担い手として個人に寄せる市場関係者の期待は大きい。

だが、近年存在感を増しているのはむしろ外国人投資家だ。東京市場での売買代金に占めるシェアは6割を超える。これに対して、個人の同シェアは05年の38%から11年には22%弱まで低下した。

次ページ個人投資家が本格的に戻ってくる条件とは
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT