12年9月によく読まれた記事は?

年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありました。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。9月はシャープに関する記事が多く読まれました。
(撮影:ヒラオカスタジオ)

2012年9月 東洋経済オンライン アクセスランキング

(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)

1位 シャープはどこで間違えたのか、栄光と挫折の10年 (9月3日)

2位 ディズニーランド内で初の結婚式、750万円の中身は?(9月28日)

3位 岐路に立つNTTドコモ、1位なのは「契約数」だけ……(9月5日)

4位 竹島問題で強硬姿勢も、経済関係で戦々恐々(9月5日)

5位 瀬戸際シャープ・奥田隆司社長を直撃(9月5日)

6位 シャープ「存続」の切り札・“世界の亀山”が危ない(9月20日)

7位 スマホ業界の最新勢力図、KDDIとソフトバンクがドコモ猛追(9月7日)

8位 崖っ縁! シャープ 資産の切り売りは避けられず(8月25日)

9位 住宅情報サイト 仁義なき戦い(8月31日)

10位 いま、野田首相を標的にする中韓の思惑(8月23日)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。