永守会長が吠えた、「電産の成長は青天井!」

売上高1000兆円も可能と自ら豪語

――色々な会社を買収しているのに、従業員数が減っているのはなぜか。

永守:中国は人件費が上がっているため、ロボット化、自動化をどんどん進めている。なのでこれはいい傾向なんですよ。いたずらに人を増やすのはよくない。単純な作業はどんどん機械でやっている。そうしないと、単価が合わない。

――今後個人向け市場に出ていくのであれば、女性の登用が一層重要になっていく。そうしないとこの会社は伸びない。

永守:女性については一生懸命やっている。部長級はすでに6人いる。今から新任役員を一人選んでいただきますから。会社の幹部は女性がぐっと増えていきます。これも10年計画ですから時間をください。ご心配なく。

――日頃、株価の動向はチェックしているのか?

永守:一日最低10回は見ます。昨日なんか30回や(笑)。私は筆頭株主ですよ。でも株は売れない。売ったら(株主から)何で売ったのかと言われる。

「10兆円なんて小さいですよ!」

――グローバル企業の代表として自動車業界があるが、販売台数1000万台という壁がある。日本電産にもそのような壁はあるのか?

永守:私が車を作らない理由は、世界一位でもたかだかシェア10%程度だから。部品なら90%のシェアをとれる。だから、青天井や! 日本電産に壁なんかありません。

――100年先も成長できる企業を目指すと言っていた。100年先の永守会長の夢は。

永守氏:大ボラ(売上高10兆円の目標)の100倍くらい言いますよ。今から日本電産を取り巻く環境はものすごいことになる。たとえばね、ロボット。2050年には全世界人口の3倍くらいのロボットが働いていると言われています。つまり180億台ですわ。

人間ロボット一台には、モーターが500から600くらい使うんですよ。すると、これ誰が供給するんですか。これからどんどん新しい商品が出てきたときに、どんな製品でも必ず必要になるのがモーター。将来にわたって、風が吹いている。10兆円なんて小さいですよ、100兆円、1000兆円や!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。