消費増税の先送りは正しい判断だったのか

2025年以降の社会保障費急増に無策のまま

消費税率の引き上げを延期したことで、将来の増税のスケジュールはどうなるだろうか。

日本の高齢化率は既に世界最高水準にあるが、将来、他の先進諸国よりもはるかに高い水準に達すると予想されている。社会保障を欧州よりもよほど低い水準に引き下げない限り、費用を賄うために欧州以上の負担が必要になるので、日本は消費税率を欧州よりも高い水準にまで引き上げなくてはならないはずだ。

第二次世界大戦直後の1947年からの3年間に生まれた団塊世代は、2025年には75歳を超えて後期高齢者となる。このため、このころになると日本では社会保障費の支出が急増すると予測されている。

医療費を例にとって説明すると、一人当たり医療費は75歳頃から急速に増加するので、後期高齢者が増加すれば日本の医療費は大きく膨張するはずだ。また、介護費用を考えても、後期高齢者になれば介護の必要なケースも増えるので、この費用も膨張するはずだ。

年金の水準を引き下げて年金関係支出の膨張を抑制することは可能だが、医療や介護では急膨張を抑えることは簡単ではない。

先送りによって将来の増税は急ピッチに

公的な介護や医療の水準を引き下げれば若い世代の負担軽減になるように見えるが、例えば老親が介護状態となったときに、子供の家族が私的に大きな負担を行うことが必要になるので、全体としてみれば問題の解決にはならない。

社会保障費の大幅増加をまかなう歳入を確保する必要があり、欧米諸国をはるかに上回る高齢化率になることを考えれば、相当楽観的に考えても2025年までには消費税率を少なくとも現在の欧州各国並みの20%には引き上げておかなくてはならないだろう。

次ページ2019年に増税できるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT