高田社長「父は引っ張る人、僕は道を整える」

ジャパネット名物社長を継いだ息子が語る

――中長期的な売上高などの目標は?

まったくない。海外に進出するとか、媒体を無理に広げるとか、そういうことは後回しで良いと思っている。今、丁寧にやっている商品選びと周辺のサービスをしっかりやっていけば、結果はついてくる。3年後や5年後に売上高3000億円(2015年12月期の売上高は1559億円)になっている可能性は十分ある。

――投資が続いている。資金調達はどのようにしているのか。上場は視野に入れていないのか。

基本は借入れをしない会社で、財務状態は健全だ。上場は資金調達、ガバナンス、人材確保などの利点があるが、会社名は十分に知っていただいているし、通販なので設備投資も多くない。ガバナンスも自分達で厳しくやっている。上場した方がよいことはあまり浮かばない。

父は口出ししないでいてくれる

たかた・あきと●1979年生まれ。1997年久留米大学附設高校卒業。1998年東京大学教養学部入学。2002年野村証券入社。2003年ジャパネットたかた入社。2012年副社長。2015年から現職 (撮影:今井康一)

――高田明氏が今年1月にテレビ出演から退いた。売り上げなどに影響はないのか?

私が10年前にジャパネットに入ってから、この瞬間をずっと想像していた。コールセンターや物流センターを経験していた時からメンバー(社員)には、「明社長じゃなくてもジャパネット品質と言われるもの作ろう」と言ってきた。

影響は今のところないが、父の支えていた柱が外れた、という感覚はある。すぐには傾かないが、自分が中心となり、皆で組織的に支えることができるかどうかだ。

――高田明氏は、なぜ会長や相談役として残らなかったのか?

「会長で残ったらどうか」と言ったのだが、断られた。会長や相談役というポジションではないところから、ジャパネットを応援してくれている。創業者にとって会社は子どもと一緒だ。本当は多分色々気になることもあると思うが、我慢して、口出ししないでいてくれる。

(週刊東洋経済5月14日号「この人に聞く」に加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT