LINEの売出価格2800円は高いか、安いか

収益力やビジネスモデルから妥当性を検証

LINEのリスク要素をもう1つ挙げるならば、広告やスタンプなどと並び、オンラインゲームも主要な収益の柱となっていることである。オンラインゲームの売上に占める割合は3~4割となっている。

予測が難しいゲームのヒット情況に左右されかねない

広告やスタンプはLINEがSNSとしての競争力を有する限りは安定した売上および収益が期待できるものの、ゲーム事業に関しては、当たれば売上や収益への貢献が大きいが、その分、逆もまたしかり。あれだけパズドラ(パズル・アンド・ドラゴンズ)がヒットしたガンホー・オンライン・エンターテイメントでさえ、直近の平成28年度第1四半期の決算では、売上が対前年同期比で3割、純利益は対前年同月比で4割も減少している。

一方、mixi(ミクシィ)はモンスターストライクがヒットしたことで、経営が立ち直った。ただし、パズドラと同様、いつかは人気のピークが過ぎるので、それまでに次にヒットゲームに恵まれなければ、経営は再び下を向く可能性も懸念される。

LINEの収益性も、予測が難しいゲームのヒット情況に左右されかねないと予測されるので、売上のほとんどが広告モデルであるFacebookやtwitterに比べると、株価の動向が読みにくいかもしれない。つまり、LINEゲームがヒットすれば大きく収益を押し上げるが、そうでない場合は収益の足かせになる可能性がある。LINEへの投資は、SNS銘柄としては、比較的ハイリスク・ハイリターンな部類に入るかもしれない。

最後に、ストックオプションについても触れておきたい。有価証券報告書によると、LINE社では、同社や関連会社の取締役などに2552万6000株のストックオプションが付与されている。

計算上は、IPO後の発行済株式数の約10%のストックオプションが潜在的な株式として存在していることになる。20回にわたって新株予約権が発行されているので、行使条件もさまざまであるが、最も有利な条件で発行されている新株予約権の権利行使時の払込価格は344円である。

新株予約権の行使による株式の希薄化を踏まえても、それを充分に吸収するほどの収益性を見込めるかどうかも、これからIPOに参加する投資家の検討事項の1つになる。LINEという非常に知名度のある企業が上場するわけだが、知名度だけで判断するのではなく、その株価水準の妥当性や、将来的な成長性などを投資家として分析した上で、IPOに応募したり、市場で株式を購入したりすることが重要だろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT