ベンツ「新型Eクラス」にワゴンは必要なのか

SUV全盛の今に果たす役割と位置づけを探る

加えて、なんと(!)スイス出身の人気テニス・プレーヤーであるロジャー・フェデラー選手が客席から立ち上がった。フェデラー選手は壇上に上がって、ケレニウス氏と左右に分かれて2台のベールを取り払った。

壇上に上がったフェデラー選手とケレニウス氏

「僕は速いクルマが好きなので、AMGが好みです。4人の子どもがいるので、セダン並みの快適性とビジネスサルーンとしての利便性があるということなら、エステートがいいですね」と、フェデラー選手。

「Eクラス・エステート」の魅力

ベールを脱いだ「Eクラス・エステート」は、Bピラーまではセダン風だが、そこから後ろのリア・クォーターからリアゲートにかけて非常にスポーティに仕上げられている。サイドに目を向けると、ウエストラインが高めに跳ね上がっており、サイドウインドーの造形が上下に狭められていることにより、ぐっとスポーティな横顔になっている。ロングノーズでショートオーバーハングというスポーツカーの定石のようなフォルムも、新型「Eクラス・エステート」をスポーティに見せるのに一役買っているだろう。

リアランプは二分割されており、リアゲートを開けると、スクエアで使いやすそうな荷室が目に留まる。後席を倒せば、最大で1810Lもの広大な荷室が現れる。テニスボールであれば、1万2000個も積み込める計算だ。クラス随一の荷室スペースを誇り、非常に実用的といえる。

一方、「CLSシューティングブレーク」は、デザイン性やライフスタルを重視する人向けだ。リアルスタイルだけみても、凝ったデザインの異型リアランプを採用しており、リアゲートを開けたときの開口部の形状からしても、「Eクラス・エステート」ほど使い勝手が良さそうには思えない。

欧州市場向けに特化して考えれば、ディーゼルが3機種あるのも当然だ。加えて、ガソリンエンジンは出力の違う2L直4エンジン2機種に加えて、3.5LV6の「E400 4MATIC」(333馬力/480Nm)と最上級モデルとなる「E43 4MATIC」(401馬力/520Nm)を取りそろえる。

次ページ先進的なシステムも搭載
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。