ベンツ「新型Eクラス」にワゴンは必要なのか

SUV全盛の今に果たす役割と位置づけを探る

昨今話題のコネクティビティでも、先進的なシステムを搭載している。「メルセデス Me」と呼ばれるプログラムで、テキストメッセージの表示、オススメルートの設定、チケット予約といったオンラインでのコンシェルジュサービスだ。

開発を担当したチーフエンジニアのミハエル・ケルツ氏に「SUV成長著しいいま、あえてステーションワゴンを発表する意味はあるのか?」という疑問を投げかけてみたところ、こう答えてくれた。

確実に待っていてくださるお客がいる市場だ

「SUV市場は、世界中で成長しています。今年だけでも約50%の成長を果たしています。一方で、ヨーロッパではEクラスの3台に1台、本国ドイツではEクラスの顧客の半数以上がエステートを選んでいる、という事実があります。SUVのような急成長を果たすわけではありませんが、確実に待っていてくださるお客がいる安定した市場なのです。

新型Eクラス・エステートは、セダンに準じる快適性とビジネスサルーンとしての運動性能や燃費性能を保ったうえで、SUVほどアウトドア志向ではないけれど、家族を大切にしていたり、スキーなどの趣味のために荷室が必要だったりする人に向けて、スポーティネスと快適性を共に両立したステーションワゴンを開発しました」

ケルツ氏自身、休日はスキーに出かけることもあって、後席の40:20:40の分割シートにスキートンネルを設置して、利便性を高めている。そうした遠出の際に快適な運転をサポートすることも重視している。Eクラスのセダンでも採用された「ドライブ・パイロット」は、210km/hの高速域まで対応する。自動ブレーキの「アクティブ・ブレーキ・アシスト」、ドライバーが車外から操作して駐車場から出し入れできる「リモート・パーキング・パイロット」など、高度ドライバー支援装置が満載だ。

Eクラス・エステートのライバルはアウディ「A6アバント」、BMW「5シリーズ・ツーリング」。ドイツ本国での価格は未発表だが、デリバリーは、今年秋からとなる予定だ。日本への導入は来年になる可能性が高い。日本へは、現行モデルの中ではヨーロッパで人気が高い「E220d」に加えて、3リッターV6ユニットを積んだ「E350」とAMG「E43」あたりが導入されることに期待したい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT