米国の高級バーガーが過熱、7000円も登場

新鮮な肉を使ったグルメバーガーが人気化

 6月1日、米国の消費者、とりわけ「ミレニアル世代」のあいだで高級ハンバーガーの人気が高まっており、「グルメバーガー」の売り上げは5年以内に倍増するとみられている。NY市にあるシェイクシャックの店舗で昨年1月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[シカゴ 1日 ロイター] - 米国の消費者、とりわけ18歳から34歳の「ミレニアル世代」のあいだで、風味がよく、新鮮な牛肉を使った高級ハンバーガーの人気が高まっており、「グルメバーガー」の売り上げは5年以内に倍増するとみられている。

2021年には100億ドル市場に

冷凍肉の代わりに新鮮な肉を使ったグルメバーガーを提供する店の2015年の売り上げは前年比で15%増加し、50億ドル(約5450億円)に上ったと、世界最大の畜産先物取引市場があるイリノイ州シカゴに拠点を置く調査会社テクノミックが明らかにした。

ファストフードなどクイックサービス方式のレストラン全体の総売り上げ800億ドルから見ればほんの一部にすぎないが、高級バーガーの販売ペースは、普通のハンバーガーのそれを上回り、2021年までに倍増し100億ドルに達すると、テクノミックのダレン・トリスタノ社長は語る。

ミレニアル世代が成長するにつれ、「彼らは高級バーガーブランドについて考え、ベビーブーマー世代が感じていたのと同じようにはマクドナルドについて考えないだろう」と、トリスタノ氏は指摘した。

トレンディなレストランがトレードマークのハンバーガーチェーン、シェイクシャック<SHAK.N>は今年、米国内でさらに16店舗オープンする計画だ。一方、メキシコ料理チェーンのチポトレ・メキシカン・グリル<CMG.N>は「ベター・バーガー」の名称でハンバーガーチェーンを新しく展開する計画だが、その時期は明らかにしていない。

次ページ消費者は健康的でおいしいハンバーガーを待望
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT