米国の高級バーガーが過熱、7000円も登場

新鮮な肉を使ったグルメバーガーが人気化

 6月1日、米国の消費者、とりわけ「ミレニアル世代」のあいだで高級ハンバーガーの人気が高まっており、「グルメバーガー」の売り上げは5年以内に倍増するとみられている。NY市にあるシェイクシャックの店舗で昨年1月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[シカゴ 1日 ロイター] - 米国の消費者、とりわけ18歳から34歳の「ミレニアル世代」のあいだで、風味がよく、新鮮な牛肉を使った高級ハンバーガーの人気が高まっており、「グルメバーガー」の売り上げは5年以内に倍増するとみられている。

2021年には100億ドル市場に

冷凍肉の代わりに新鮮な肉を使ったグルメバーガーを提供する店の2015年の売り上げは前年比で15%増加し、50億ドル(約5450億円)に上ったと、世界最大の畜産先物取引市場があるイリノイ州シカゴに拠点を置く調査会社テクノミックが明らかにした。

ファストフードなどクイックサービス方式のレストラン全体の総売り上げ800億ドルから見ればほんの一部にすぎないが、高級バーガーの販売ペースは、普通のハンバーガーのそれを上回り、2021年までに倍増し100億ドルに達すると、テクノミックのダレン・トリスタノ社長は語る。

ミレニアル世代が成長するにつれ、「彼らは高級バーガーブランドについて考え、ベビーブーマー世代が感じていたのと同じようにはマクドナルドについて考えないだろう」と、トリスタノ氏は指摘した。

トレンディなレストランがトレードマークのハンバーガーチェーン、シェイクシャック<SHAK.N>は今年、米国内でさらに16店舗オープンする計画だ。一方、メキシコ料理チェーンのチポトレ・メキシカン・グリル<CMG.N>は「ベター・バーガー」の名称でハンバーガーチェーンを新しく展開する計画だが、その時期は明らかにしていない。

次ページ消費者は健康的でおいしいハンバーガーを待望
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT