任天堂復活の切り札 Wii Uが抱える不安

かつての輝きを取り戻せるか

今後も販売を伸ばし続けられるかは、ゲームに関心のない層を取り込めるかに懸かっている。そのためにはWii Uでしか体験できない遊び方を提案する必要がある。

カギを握るのはソフトだ。Wii Uと同時発売のソフトは日本では11タイトルが予定され、その後も発売時期未定を含め14タイトルが並ぶ。だが、ラインナップは過去に発売されたタイトルの続編や他社のゲーム機にも提供されていたソフトが中心。Wii Uに合わせて作り込まれたソフトは、ほとんど見られない。

ソフト開発会社を取り巻く環境も変化している。スマートフォン向けのゲーム市場が急成長しており、開発の軸足をそちらにシフトしつつあるのだ。「ヒットするか賭けの部分が大きいパッケージソフトは、日々の運用で勝負するスマホ向けに比べうまみが少ない」とあるソフトメーカーの幹部は打ち明ける。パッケージソフトの開発は、スマホ向けより時間もコストもかかる。ハードの性能が高いWii Uはなおさらだ。

任天堂が消費者やソフトメーカーを引き付けるには、まず自社開発のソフトで「Wii Uでこんな遊び方ができる」というお手本を見せる必要がある。前機種のWiiでは、リモコン型コントローラーを実際に振って楽しむテニスゲームなどそれまでのゲーム機とは違う遊び方がユーザーの心をつかみ、世界累計販売台数9700万台超の大ヒットとなった。Wii Uで再現することができるか。

(週刊東洋経済2012年12月15日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。