任天堂復活の切り札 Wii Uが抱える不安

かつての輝きを取り戻せるか

今後も販売を伸ばし続けられるかは、ゲームに関心のない層を取り込めるかに懸かっている。そのためにはWii Uでしか体験できない遊び方を提案する必要がある。

カギを握るのはソフトだ。Wii Uと同時発売のソフトは日本では11タイトルが予定され、その後も発売時期未定を含め14タイトルが並ぶ。だが、ラインナップは過去に発売されたタイトルの続編や他社のゲーム機にも提供されていたソフトが中心。Wii Uに合わせて作り込まれたソフトは、ほとんど見られない。

ソフト開発会社を取り巻く環境も変化している。スマートフォン向けのゲーム市場が急成長しており、開発の軸足をそちらにシフトしつつあるのだ。「ヒットするか賭けの部分が大きいパッケージソフトは、日々の運用で勝負するスマホ向けに比べうまみが少ない」とあるソフトメーカーの幹部は打ち明ける。パッケージソフトの開発は、スマホ向けより時間もコストもかかる。ハードの性能が高いWii Uはなおさらだ。

任天堂が消費者やソフトメーカーを引き付けるには、まず自社開発のソフトで「Wii Uでこんな遊び方ができる」というお手本を見せる必要がある。前機種のWiiでは、リモコン型コントローラーを実際に振って楽しむテニスゲームなどそれまでのゲーム機とは違う遊び方がユーザーの心をつかみ、世界累計販売台数9700万台超の大ヒットとなった。Wii Uで再現することができるか。

(週刊東洋経済2012年12月15日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。