米配車ウーバー、サウジ政府系ファンドから35億ドル調達

中東地域に2億5000万ドル投資する方針

6月1日、米配車サービス大手ウーバーは、サウジアラビアの政府系ファンドから35億ドルを調達したことを明らかにした。ジャカルタで5月に開かれたウーバーの運転手登録会で撮影(2016年 ロイター/BEAWIHARTA)

[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー[UBER.UL]は1日、サウジアラビアの政府系ファンド、公的投資基金(PIF)から35億ドルを調達したことを明らかにした。

最新の資金調達計画の一環で、同計画に基づくウーバーの企業価値は625億ドル相当。

今回の投資を受け、PIFのマネジングディレクター、Yasir Al Rumayyan氏がウーバーの取締役会メンバーに加わる。

PIFの出資によりウーバーのバランスシートは110億ドル超に膨らむ。

ウーバーは、急成長する中東と北アフリカ地域に2億5000万ドル投資する方針を示しており、既にこの地域の9カ国15都市で操業している。ただ、中国やインドと同様に地元競合とシェアを奪い合っている。

同地域の第1・四半期の利用者数は39万5000人と前年から5倍以上増えた。サウジアラビア市場には2014年初めに参入。13万人以上いる利用者の約8割は女性だという。

*内容を追加します。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。