今どき日中貿易で収益拡大、物流会社のナゼ

対中輸出低迷でも輸入は活況

中国リスクへの不安が依然払拭されない中、日中貿易で業績を伸ばしている企業がある。日中間の海上輸送を主力とするエーアイテイーだ。

尖閣問題に伴う反日ムード盛り上がりや、中国国内景気の減速傾向などにより、日本から中国向けの輸出量は下振れする状況にある。しかし、同社がビジネスの中心としている中国から日本への輸入輸送では、反日の影響が限定的だ。

2ケタ成長続き、中国リスクは限定的

エーアイテイーの上期(2012年3~8月期)の受注貨物量は前年同期比2ケタ成長となり、中国リスクが本格化した第3四半期(9~11月期)も、ほぼ計画通りに進捗しているとみられる。

今13年2月期の同社業績について、東洋経済では、会社側の期初(今年4月時点)計画とほぼ同様に、売上高168億円(前期比14.7%増)、営業利益で11.5億円(同9.9%増)と見ている。今期計画が期初の想定どおり達成されれば、純利益(東洋経済予想では7億円)の更新は8期連続、増配(年56円配予定)は7期連続となる。

次ページ懸念はむしろ人手不足
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT