新幹線の製造、競合5社のうちトップはどこか

JR各社ごとにシェア激変、新興勢力も台頭

JR東日本の新幹線製造は川崎重工業と日立でシェア8割を超える。ただ、ここで注目したいのは、総合車両製作所の動向である。

JR東日本と同社の前身である東急車輛の関係は深い。JR東日本は東急車輛から技術指導を受け、1994年から自社の新津工場で通勤車両を製造してきた。その後、東急車輛が経営不振に陥り、2012年に同社の車両製造部門を買収。JR東日本の新津工場と一元化し、総合車両製作所としてスタートを切った。

鉄道車両メーカーの系列化が加速

北陸新幹線E7系/W7系の登場は、鉄道車両メーカーの系列化を際立たせる結果となった。総合車両製作所は東急車輛時代も合わせ2008年以降途絶えていた新幹線製造を再開、E7系60両を製造した。近畿車輛もW7系24両を製造した。一方で、日本車輌製造は、それまでJR東日本やJR西日本の新幹線車両をコンスタントに製造してきたが、E7/W7系の製造メンバーから外れた。

今も新幹線の開発は行なわれており、いずれ新型の新幹線車両が登場するだろう。そのときの新幹線のメーカー別シェアはどうなっているだろうか。総合車両製作所は日本車輌製造のように川崎重工業や日立を陵駕する新幹線メーカーになるのか。近畿車輛はどう出るのか。業界地図は、現在とはガラリと変わるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。