ホンダの最新鋭工場は一体、何がスゴいのか

寄居工場の生産ラインはこんなにも効率的だ

寄居工場は、車種、ボディカラー、取り付け部品が違うグレードを同じラインで生産する混流ラインであり、工程をまたいでの情報共有も重要視されている。塗装では、ボディカラーに違いが出ないようにドアやハッチバックを一緒に塗る。それをいったん外して、ロボットと人間の手で効率よく部品を取り付けていく。シートの取り付けや、フロント/リアのガラスといった重量部品の取り付けは、ロボットで自動化されている。燃料タンクのような10kgを越える重量級パーツはすべて自動で組み付けられる。

自動化によって得たこと

マルチサスマウントの工程も、自動化が進められた部分だ。シャシー中央部を抑えるロボットがせり出してきて、そこをしっかりと止めることで、前後のサスペンションを整列させて、前後のロボットが一斉に動いて取り付ける。前後の足回りの取り付けに要する時間は、ひとつの工程でわずか50秒以下だ。コストを下げるだけではなく、走行安定性の確保にもつながる。また、取り付けが原因の不良を40%も減らせた。

組み立ての様子

インストゥルメントパネルの組み付け工程では、狭山工場では2人の作業者を必要としたが、寄居工場ではロボットと一人の人間が連携して組み立てている。80Wの出力しか持たない低出力マニュピレーターと呼ばれる組み立て支援ロボットを使って、安全柵なしに人間と機械が連携してボディを組み立てられる。これにより、設備の専有面積が60%も減った。

タイヤも、自動で組み付けられている。4つのロボットが、ネジの設定、センサーでのタイヤの位置決め、締め付けといった役割分担をして、上手に組み上げていく。個々の役割を担ったロボットが連携する様子は、なんとも可愛らしくて、ユーモラスだ。従来のラインでは前後に2組、合計で8機のロボットが設置されていたが、新設されたラインでは車台を半分動かしてやることで、4機一組のロボットで前後のタイヤを取り付けることができる。見学した際は4穴のホイールを組み付けていたが、治具の交換で5穴にも、前後異型ホイール/タイヤにも対応できる。

最後に、ピカピカの新車が工場のラインから出てきて終わり、というわけではない。塗装面の品質や動作などの検査を受けた後、併設されるテストコースでの完成車走行テストを受けて、トラックに搭載されて顧客のもとに届けられていくのだ。

次ページホンダは今後どうなる?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT