WiFiスポット倍増、LTE始動で高成長

ワイヤレスゲートの池田武弘社長に聞く

会員数拡大への布石も着実

次世代通信規格への対応も具体化している。NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」エリアでは12月からLTE向けのサービスも始める。詳細はまもなくワイヤレスゲートのウェブ上にアップ予定だが、従来のWiFiもセットでのサービスになりそうだ。

「基本的にはNTTドコモのLTEネットワークを利用し、設備面はNTTコムにお力添えいだいた。(12月からは)ドコモのクロッシィエリアで使えるようになりますし、使えないエリアではドコモの3G回線が使えます。ドコモのクロッシィと3Gのエリアで使えるデータ通信サービスを、われわれのブランドで提供させていただく形になります」

「(LTEの会員数が)どのくらい増えるかは外部環境、デバイスなどの外部要因が大きく、具体的な数字は作れていない。スマホでLTEを使うのがいいのか、ルーターでつなぐのがいいのか、サーベイしているところ。WiMAXもいまは、ルーターにつないでいただくのが基本的な使い方ですが、iPhone5みたいにスマホそのものがLTE対応していって、そっちに注力していくのがいいのか。そこはキャリアさんが主戦場でやられているところ。ぼくらは基本的にキャリアさんがやりにくいところを狙っていく」

携帯大手(キャリア)がどうしても手を出しにくい領域で勝負することになりそうだ。ちなみに手を組んだクロッシィの人口カバー率は90%以上。ほとんど3Gに頼らずに済むところまでカバーが進んでいるとのことだ。

12月からは、WiFiスポットも一気に拡充する。KDDI子会社であるワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「Wi2 300」の一部エリアが使用可能になったことで、スポットが倍増の2万カ所に膨らむ。

「これまでもWi2とはやらせていただいていたんですが、プラスでドンと増える。カフェと鉄道が多いですね。東京モノレールの駅がエリア化され、空港から乗ったままつながる。カフェではスターバックスが強化されます。それに、丸の内エリアもWi2が強かった」

この1万カ所が、すべてのプランに追加される。もちろん、主力の月額380円プランで使えるスポット数も一気に増える。これまでマクドナルドが中心だったが、スタバが大きく増えることで、ユーザー層も広がりそうだ。

今後は、ヨドバシカメラに加え、携帯電話販売店の販売チャネルを拡大する。社員10人体制と身軽な企業だけに、業界随一の会員数を武器にして、しばらくは業績伸長が続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。