WiFiスポット倍増、LTE始動で高成長

ワイヤレスゲートの池田武弘社長に聞く

会員数拡大への布石も着実

次世代通信規格への対応も具体化している。NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」エリアでは12月からLTE向けのサービスも始める。詳細はまもなくワイヤレスゲートのウェブ上にアップ予定だが、従来のWiFiもセットでのサービスになりそうだ。

「基本的にはNTTドコモのLTEネットワークを利用し、設備面はNTTコムにお力添えいだいた。(12月からは)ドコモのクロッシィエリアで使えるようになりますし、使えないエリアではドコモの3G回線が使えます。ドコモのクロッシィと3Gのエリアで使えるデータ通信サービスを、われわれのブランドで提供させていただく形になります」

「(LTEの会員数が)どのくらい増えるかは外部環境、デバイスなどの外部要因が大きく、具体的な数字は作れていない。スマホでLTEを使うのがいいのか、ルーターでつなぐのがいいのか、サーベイしているところ。WiMAXもいまは、ルーターにつないでいただくのが基本的な使い方ですが、iPhone5みたいにスマホそのものがLTE対応していって、そっちに注力していくのがいいのか。そこはキャリアさんが主戦場でやられているところ。ぼくらは基本的にキャリアさんがやりにくいところを狙っていく」

携帯大手(キャリア)がどうしても手を出しにくい領域で勝負することになりそうだ。ちなみに手を組んだクロッシィの人口カバー率は90%以上。ほとんど3Gに頼らずに済むところまでカバーが進んでいるとのことだ。

12月からは、WiFiスポットも一気に拡充する。KDDI子会社であるワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「Wi2 300」の一部エリアが使用可能になったことで、スポットが倍増の2万カ所に膨らむ。

「これまでもWi2とはやらせていただいていたんですが、プラスでドンと増える。カフェと鉄道が多いですね。東京モノレールの駅がエリア化され、空港から乗ったままつながる。カフェではスターバックスが強化されます。それに、丸の内エリアもWi2が強かった」

この1万カ所が、すべてのプランに追加される。もちろん、主力の月額380円プランで使えるスポット数も一気に増える。これまでマクドナルドが中心だったが、スタバが大きく増えることで、ユーザー層も広がりそうだ。

今後は、ヨドバシカメラに加え、携帯電話販売店の販売チャネルを拡大する。社員10人体制と身軽な企業だけに、業界随一の会員数を武器にして、しばらくは業績伸長が続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。