甘すぎますよ、安倍晋三総裁! ぐっちーさんの直言&苦言&放言

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

さて、JCダート(GⅠ、12月2日阪神競馬場)です。

しかしどう見ても強引ですね、この企画。

そう、まあ、政治家の世襲はどうかと思いますが、競馬の世界ではこの血統は大変大事なんです。

ダートは裏番組じゃない!!

そして、どうも日本ではダートは芝の裏路線、芝で活躍できないやつの裏番組だ・・と思われる方が多いのですが、とんでもない!!!

国際的にみるとダート馬の方が真のチャンピオンである、という見方もあるくらいで特に米国ではダートが主流。あのケンタッキーダービーもダートで行われるのです。

そのダート王を決めるべく行われるのが今週のJCダート。

日本ではダート路線と芝路線と別れる傾向があるのですが、当然両方走る馬もいます。しかし、やはり得意不得意はあるようで、あのクロフネ(2001年このレースにて2100メートルの世界レコードを樹立)もダービーでは5着でしたから、ダート適正が勝っていた、ということかもしれません。

今回もそのダート巧者と芝路線の見極めが肝心だと思われます。

ダート巧者と言えば今回3連覇がかかるトランセンド。
更にトランセンドの前の王者エスポワールシチー。
07年ダート王、ヴァ―ミリアンとの兄弟制覇がかかるソリタリーキング。

そして芝路線組ではなんといってもトゥザグローリー。天皇賞の惨敗でダート路線を試してみよう、という事だと思いますが、この馬の母はやはり芝から転向してドバイワールドで2着という快挙を成し遂げたあのトゥザビクトリー。

ちなみにビクトリーの弟サイレントデールも初ダート、3歳秋の武蔵野Sを4馬身ぶっちぎりで勝っており、この家系は両刀使いの臭いがぷんぷんしますな。
先週のJCに比べるとハンディ差が1キロしかないので、3歳には厳しいという声もありますが、05年のカネヒキリの例もあり、世代交代も有り得るかもしれない・・・

ああ、なんて複雑なんだ! 

となりますが、やはり芝路線ではあるものの、プレレーディング120ポイントに家系の裏付けのあるトゥザグローリーを本命にしてみたい。これで勝ったら、この家系本物ですぜ。屋根がダートの鬼、追えるウィリアムズというのも心強い。

と言うことで、トゥザグローリー単勝。
馬単でトゥザグローリーから エスポワールシチー、トランセンド。
この3頭での3連単。

ソリタリーキング、強い3歳馬代表でハタノヴァンクールまで抑えればOK・・・なはず。 なお、ダートは重馬場になると芝と逆に足抜けが良く、タイムが速くなるので、そうなると余計、芝路線、トゥザグローリーが有利になるはずです。

雨よ、降ってくれ!          
 

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT